幅80cmの自信の枕、Bodydoctor ドクターロングピロー

こんにちは~
自分の周りの人、誰一人、オリンピックのチケットが当たらなかったキタヤマです~
そもそも応募している人もあまり居てなかったんですがね(^^;)

このブログ読まれてる方でオリンピックのチケットが当たった方はいらっしゃいますか?
なんかネットのニュースでは、開会式と閉会式ともにA席(良い席)が当たった方が居てたみたいですがそのチケットの総額が120万円以上という破格でビックリしました。

さてさて、今回のお話は枕のお話です。
皆さんはどんな枕を使われていますか?

硬い枕、柔らかい枕、高い枕、低い枕

この時代、たくさんの枕がありますよね~
ボディドクターにも自慢の枕があります!!

その名は、Bodydoctor ドクターロングピロー

“ロングピロー”と言うだけあって幅が80cmもあります。

その80cmの幅がポイントなんですよ!
この幅があることで

・大きな寝返りされる方にも対応
・足枕にしても枕から落ちない
・抱き枕としても最適
・お子様との添い寝にも最適
・背中片側に縦に置くと呼吸が楽になる
・ソファクッションとしても使用できる

こんなにも多機能なんですよ~
でも、形はすごい単純なんです!
まずは、ご購入頂かなくてもいいので
どんな枕か下記の商品ページにてご覧ください。

Bodydoctor ドクターロングピロー

Good Sleep Good Life!!

長距離運転時の最強セット!

お久しぶりです!!キタヤマです!
前回のブログは、葉山ショールームスタッフにお願いして
私はお休みさせて頂きましたので、少し間が空いておりますね。

その間、私は何をしてたかといいますと出張でいろいろと、車で駆け回ってましたよ。
まぁ私の仕事は車での出張が多いんですよね。

皆さんは長距離運転されますか?
最近の車は、2時間くらい運転すると『運転時間が2時間を超えました。
少し、休みませんか?』などと、優しい言葉を投げかけてくれます。
もちろん、長時間の運転は細かく休憩を取らないと危険なのでアドバイス通り道の駅やサービスエリアなどに立ち寄ります。
そこで、よく目にするのが、他の車の運転手さんが車を停めて降りる際にご自身の腰をたたいてるんですよね。

私も以前は、長距離運転の休憩時は、腰を叩いておりました。
しかし、ボディドクターのバックアップ

ザ・シートを

を使うと自然と腰を叩かなくなったんですよね。
実感できるのは、この最強セット(バックアップとザ・シート)が無いときなんですよね…
自家用車にはまだ置いてないので、プライベートで車に乗ったらすぐに気付くんですよ。
もうね、無いと、気持ち悪くて気持ち悪くて…
車の座席と自分の腰との間にこんなにも隙間があったのか…とね!!!
そこが気になり出すと運転中も気になるんですよね。
走り出しの時、ブレーキの時こんなにも腰に負担があったのかと気付くんです。

ホント、皆さんに実感して頂きたいです!

某通販サイトでも高レビューなんですよ★